キャバクラの「本指名」と「場内指名」って何?指名に関する基礎知識

キャバクラには2種類の指名制度がある

キャバクラに来るお客さんは、好きだったり気になったりしたキャストと同じテーブルについて過ごすことができるよ。
このくらいはキャバ嬢経験がない人でも知ってるかもね。

お客さんが好きな女の子を呼ぶことを「指名」っていうんだけど、これって『本指名』と『場内指名』の2種類あるんだよね。
この各指名について、どういう違うがあるのか紹介するね。

本指名とは

例えばお客さんが、「今日はあの子と飲みたいなー」って思いながらキャバクラに行ったとするでしょ?
お店に行く前に一緒に過ごしたい女の子が決まってるから、お店に入った時にボーイさんとかに「〇〇ちゃんお願いします」ってすぐに言えるんだよね。

これが『本指名』だよ。
つまり、前もってお目当のキャストが決まってて、来店した瞬間にその女の子を名指しすることだね。

常連さんとか、雑誌やネットで気になる女の子を見つけた時とかによく使われる指名方法がこれ。
あと、お店の前に飾られてるキャストの写真とか見て本指名するお客さんもいるよ。

場内指名とは

本指名したいキャバ嬢がいないお客さんが、お店の中に入った後で「おっ、あの子と一緒に飲みたいな」とか思って名指しすることを『場内指名』って言うよ。
場内っていうのは、お店の中ってことだね。

本指名しないお客さんは「フリー客」とかって呼ばれるんだけど、このフリーのお客さんが来店したら、指名しなくてもテーブルに適当に女の子が座って接客するシステムになってるよ。

20分ごとくらいに女の子が入れ替わるんだけど、その中でお客さんが「この後もこの子とおしゃべりしたい」みたいに思えば、その場で場内指名することも可能だね。

場内指名してもらった後に、もっと気に入ってもらえれば、次はそのお客さんに本指名が受けられるかも?

そうやって顧客を増やして、キャバ嬢はお給料を上げていくんだよ。

「本指名」も「場内指名」もバックが付く

キャバクラで働くと、時給以外にもお給料が受け取れるよ。
主に受け取れるのが「バック」っていうやつ。

バックっていうのは、お客さんが使ったお金やサービスに応じてキャストに入ってくる報酬だね。

“指名バック”って言って、指名されたときにもキャストにちゃんとバックが入ってくるお店がほとんどだよ。

本指名の場合は1回につき500~2,000円くらいかな。
場内指名は500~1,000円くらいがバックの相場。

場内指名はバックなしのお店もときどきあるから気をつけよう。

本指名の方が高いのは、お店にとってメリットが大きいからだよ。
お客さんは、そのキャバ嬢目当てに来店してるってことだからね。

リピーターになってる可能性が高いし支払う代金もフリー客より高い傾向があるから、キャバ嬢にもたくさん報酬が入ってくるようになってるよ。

新人キャバ嬢はどれだけ場内指名が取れるかがキモ

正直、新人キャバ嬢がいきなり本指名をバンバン獲得するのは難しいね。
キャバ嬢未経験者だったら、よほどの才能がない限り、本指名はなかなか増えていかないかな。

キャバ嬢として働き始めたばっかりのときは、どれだけ場内指名が取れるかがポイント。
場内指名が取れるってことは、お客さんから見て、「悪くない」って判断をしてもらったってことだから。

場内指名を受けた後に一生懸命接客を続けると、そこから「この子、良いかも」って思ってもらえるようになるよ。
それが次の来店時の本指名につながるかもしれないでしょ?

場内指名は本指名のためのキッカケなんだよね。だから場内指名がものすごく重要になるの。

本指名が少しずつ取れるようになったら、比例するように売上も時給も上がっていくよ。

本指名の数によってお給料ってビックリするくらい違うからね。

たくさん稼ぎたいなら本指名の数を増やさなくちゃ!
そのために必要なのが、場内指名のゲットってこと。

「フリーのお客さんは絶対に逃さない!」くらいの気持ちでお仕事してみよう。
そうすれば場内指名が取れて、本指名につながって、お給料もたくさんもらえるようになるよ。